一般的な時計ベルトの常識

時計のベルトを選ぶには

時計本体も大切ですがベルトは装着する際に重要な役割を果たす他、デザインを変えるだけで雰囲気も変わります。牛革素材のものや、色味がブラウンのものは高級感を演出でき、男性が持っているとかっこいい印象を与える事ができます。女性が持っていると落ち着きと知性の深さをアピールできます。時計のベルトは簡単に取り外しを行う事ができる為、その日のファッションに合わせても選択できます。本体部分が派手でもベルトを落ち着いたデザインにすれば調和が取れます。
小さいサイズの本体にはベルトの幅が狭いタイプのものを選ぶ事で、コンパクトに身につけられます。値段の高い安いでも違い、高ければ高いほど触り心地が良く、壊れにくいです。安いものは壊れやすいかといえばそうでもなく、身につけやすさがあります。通販サイトで時計のベルトを買うときは、素材色味に気をつけて選ぶ事で、失敗することもありません。
デザインから選ぶ事で色味がたくさん用意されているので、気に入った色が必ず見つかります。一度装着して肌に違和感を感じないか、人によってはかゆみが生じる事があるので、しっかりと把握した上で購入する事が大切です。丁寧に扱い、時には手入れをする事で長持ちします。

時計に似合う時計ベルト

腕時計を購入した時には初めから時計にはベルトがついています。高級な腕時計の場合ですと時計ベルトも立派なものが使われています。高級腕時計でもカーフやコートバンといった比較的安価なものから、アリゲーター、クロコダイルといった高価な素材を使ったものまで様々な時計の革ベルトがあります。
腕時計のメーカーの純正腕時計はその腕時計のメーカーの刻印が腕時計のベルトの裏にしっかりと押されているので、その時計ベルトを持つ満足度は高いものなると思います。ただし、純正の革ベルトというのは時計ベルトの色もベルトの素材もごく限られたものになってしまいます。そのような純正品に革ベルトに満足できない人は時計ベルトをオーダーすることになります。時計と時計ベルトをつなぐ部分は通常はばね棒でとめられていますが、時計によってはばね棒ではなく特殊な形状のビスでとめられていることもあります。
このような時計ベルトの場合は、パターンオーダーの時計ベルトではなく、現在持っている時計ベルトを元に新たにフルオーダーという形で時計ベルトを作ることになります。もちろん、時計ベルト製作の費用はパターンオーダーよりもかかりますが、特殊な革ベルトの形状でも多くの時計ベルトを製作してくれる所は時計ベルトを製作してくれるので、時計ベルトというものはかなり自由度の高いアイテムだといえます。

カミーユ・フォルネのオンラインストアもございます。 柔軟性の高い革の特性を十分に生かした時計ベルトを作っています。 革新性を追求し、常に新しい発想と伝統との調和を図ります。 各店舗でのフェア・イベント情報もご覧いただけます。 全世界が認めるカミーユ・フォルネの皮革製品です。 150人以上の技術者・職人たちの手により時計ベルトが製造されています。 時計のベルトをお取り扱いしてる店はこちら

menu

2017/08/23
時計ベルトとの付き合い方を更新しました。
2017/08/23
お手頃ベルトで工夫を更新しました。
2017/08/23
バラエティ豊かなラインナップを更新しました。
2017/08/23
価格と種類を更新しました。