価格と種類

贅沢な時計ベルト

女性はブレスレットを着けて、手元のエレガンスさをかもし出したりしますが、男性でブレスレットを着けて飾る人はあまりいません。時折若いのが金属製のものをチャラチャラ着けているのがいますが、大抵はそれが浮いていて周囲から白い目で見られていることに気がつきません。しかし男性だって本当は手元を飾って、気に入った女性の前で気取りたいときはあるのだけど、自制心が働いてとどまっていることが多くあるのです。そんなとき腕時計が演出してくれる装飾性は大変便利です。
仕事で着ける時計とは別の、ちょっとおしゃれな、あるいは機能美豊かなベルトの付いた腕時計をしていたら、気にならない女性はいないと思いますよ。女性はよく観ているもので、酒飲みの席で「あの男の人、ロレックスだったとか、ウブロだった」とか店を出て行った先客の話をよくしているものです。女の人はどんな職業の人なのか、何歳なのか、結婚しているのか、そんな想像を既に始めています。こちらはそんな高級な腕時計しているのは成金に決まっていると思っているのですが、高価すぎて購入できないことは確かなので、せめてベルトだけでもシックなワニ革にしてやろうかと思っているのですが、こんな考えはひがみ根性の強い私だけなのだろうかと時々考えるときがあります。

時計のベルトの種類

腕時計に拘りを持っている、なんて方も多いですよね。時計のベルトも様々な種類があるので、好みや利用シーンによって変えることができます。今回はこのベルトの種類について見ていきたいと思います。まず時計のベルトで一番、見栄えがいいのが革ベルトでしょう。丈夫で軽い上に高級感も演出できます。カラーバリエーションも豊富ですよね。汗に弱いという欠点もあるので、革ベルトは適切なケアが大事です。また、高価なものになればなるほど、ツヤや質感も良く見栄えが良いです。
次に、金属ベルトもよく利用されている方の多い定番のベルトですよね。腕時計の金属ベルトはステンレス製のものが多いです。とても光沢があり、丈夫で耐熱や耐水も備わっていてタフなベルトですね。革のベルトに比べても、かなり丈夫なベルトです。最長で20年は持つと言われています。サビにも強く、高温多湿な気候の日本で最も多く使われいるベルトです。
樹脂で出来たウレタンベルトも人気です。汚れや傷に強く、安く手に入るので気軽に交換できますね。革は手入れが大変、金属は傷がきになる、といった方はウレタンベルトがお勧めです。経年劣化は早く一気に切れるので、緩くなったらすぐ交換するように心がけましょう。このように様々な種類のベルトがあります。その日の気分やライフスタイルに合わせて選びたいですね。

menu

2017/08/23
時計ベルトとの付き合い方を更新しました。
2017/08/23
お手頃ベルトで工夫を更新しました。
2017/08/23
バラエティ豊かなラインナップを更新しました。
2017/08/23
価格と種類を更新しました。