時計ベルトとの付き合い方

時計のベルトがボロボロになってしまったら

時計に革のベルトを使っていると、いつの間にか劣化してボロボロになってしまう事ってありますよね。革のベルトではなくナイロンのベルトなども劣化してボロボロになってしまうなんて事もあります。金属のベルトはかなり丈夫ではありますが、それでも壊れてしまう事はあります。それを味と言えない事もありませんが、度が過ぎてしまうと汚らしいだけという感じになってしまいます。
そんな時に時計ごと買い替えるのも良いのですが、高価な時計ではなかなかそうはいきません。ですので、そんな時は時計のベルト交換がオススメです。時計のベルト交換は製造会社はもちろんの事、修理専門店でも可能ですし、自分でやる事も出来ます。どの方法でベルトを交換するにしても買い替えるよりは格段に安く済みます。
交換時間は製造会社などの場合は数週間掛かる事もあります。特に外国製の時計の場合はその国まで送ったりしますので時間が掛かります。しかし、修理専門店や自分で取り換える場合は数十分で終わります。時計のベルトが変わるだけでだいぶ印象は変わります。ベルトが新しくなれば時計自体も新しく見えますので、ベルトがボロボロになったら交換してみてはどうでしょうか?もちろん気分でベルトを変えるのもオススメです。

誰でも出来る時計のベルト交換

社会人になれば、プライベート用とは別に仕事用の腕時計をつける機会は増え、それに伴い腕時計の数は増えていくと思います。腕時計が増えれば、手入れをする回数も自然と増えると思いますが時計のベルトのお手入れはちゃんとしているでしょうか?時計のベルトは革のベルトや金属のベルトなど様々なものがあり、手入れ方法も変わってきますよね。しかし、いくら手入れをしていてもいずれはベルトを交換しなければならない時期が来ると思います。ベルトの交換と言われてもやり方がよく分からず、時計屋さんに持っていくのも面倒ですよね。
でも安心してください。実は、ベルトの交換はある道具さえあれば誰でも簡単に交換することができるのです。では、その道具とは何なのでしょうか?それはバネ棒外しです。腕時計のベルトはバネ棒というもので固定されておりそれを外すだけで簡単に交換することが出来るのです。
使い方も簡単で時計本体とベルトの間に先端を差し込み内側に引くだけでバネ棒の両端が縮み、簡単に取り外せるようになるのです。取り外した後は、もともとのベルトの幅と同じ幅のベルトを用意し取り付けるだけです。交換のついでに自分の好きなデザインのベルトにするのもいいかもしれませんね。

menu

2017/08/23
時計ベルトとの付き合い方を更新しました。
2017/08/23
お手頃ベルトで工夫を更新しました。
2017/08/23
バラエティ豊かなラインナップを更新しました。
2017/08/23
価格と種類を更新しました。